煮物

煮物

もうそろそろ9月になろうとしているのにとても暑いですね。

さすがに夕方は少しは涼しくなったような気もしますが、家の中はとっても蒸し暑いです。

節電のために扇風機で我慢しようと思っているのですが、息子があまりに汗をかいて熱中症になってしまうんではないかということから日中はちょこちょこつけています。

そんな風にまだまだ暑い毎日なので動く元気もなくなりますよね。

さらに、夏の終わりということでこの夏の疲れがどっとでてしまっている人もいるんじゃないでしょうか。

私もそんな一人です。

とにかく体がだるい。

あんまり食べたくない。

そんなもんだから料理を作るのもかなり気合をいれなければなりません。

もともと料理は得意ではないのですが、専業主婦になってからは家族の健康のためにと色々自分なりに工夫してきたつもりです。

でもやっぱり自分に食欲がないと全然メニューを思いつかないんですね。

とりあえず冷蔵庫を開けてみるのですが、決まりません。

今までは冷蔵庫の中身なんて見なくても把握していたのに今では絶対に何かを忘れて傷ませてしまうということもよくあります。

これも夏バテなんでしょうか。

夏バテの時こそしっかり食べた方がよいと言われますね。

さらに和食が良いとも。

ただ、和食って煮物とかだったりで夏場は避けたいものも多いですよね。

そういえば最近全然煮物を作ってないなと思いました。

夫も私も煮物が好きです。

ただ、夫は気を使ってあまり何かが食べたいというようなことはありません。

なので私がくみ取ってあげないといけないんですよね。

ということで、最近お疲れ気味の夫のためにも煮物をしようと決心しました(ちょっと大げさですが)。

冷蔵庫を見てみると…

人参・ジャガイモ・ナス・タマネギ・ピーマン・サツマイモなどが入っています。

肉じゃがかなとも思ったのですが、奥から少ししなびた小松菜が出てきました。

使うの忘れてました。

ということで小松菜の煮物に決定ですが、あいにく薄揚げがなかったのでサツマイモで代用することにしました。

暑さを耐えながらコトコト煮込むこと15分。完成です。

味見をしてみましたが、サツマイモの甘さと小松菜が意外とあいます。

料理って組み合わせで全く別の味になるのが面白いなと改めて感じました。

暑いですが、皆さんも一度試されてはいかがでしょうか。

秋のたのしみ

季節の終わりには、次の季節になにをやりたいかをかき出すのが私の習慣です。もう夏も終わり。秋何をやりたいかをかき出しました。

まず、旬の食べたいものをかき出します(笑)。やっぱり食べ物ですよ?。まず、秋に食べたいものは、サンマ。そしてこれはもう食べました(笑)。それに栗ご飯、鮭とキノコのホイル焼き、秋の味覚のお好み焼きをお友達とのパーティーで。そして忘れてはいけないのが柿のケーキ(近所のケーキ屋さんで毎年季節になりと売り出されるんです。これが絶品!)、あ、ぶどうのパフェも食べたいですね?とまあそんなところでしょうか。

次に、やりたいこと、行きたいイベントをかき出すのが私流。毎年行っている地元の秋祭り、隣の県まで自転車で出かけての一泊旅行。そこで温泉入って紅葉狩り(ここで栗ご飯を食べる予定!)、それになんといってもお月見です。

秋で一番好きなイベントはお月見。毎年仲秋の名月には、奈良か京都まででかけてお月見を楽しみます。京都でのお気に入りお月見スポットは八坂神社の祇園社観月祭。奈良だと、唐招提寺での観月讚仏会です。どちらも「これぞ日本!」という風景の中で観る月というのは本当に美しくてうっとりです。都会とはちがう、くらがりで光る月に「月だけでこんなに楽しめるんだ。日本に生まれて良かった」と毎年感激してしまいます。

さて、今年はどこでお月見しようか。今年2012年の仲秋の名月は9月30日の日曜日。丁度日曜日なのはよいのですが、次の日はお仕事ですから、より近い奈良の方にしようかなあと思っています。もし奈良に行くなら、ついでに飛鳥へいって、キレイな黄金色の棚田も見れるかなあなんて今からワクワクです。

私は夏がだいすきなので、夏の終わりは本当にさみしいのですが、こうして秋のお楽しみを考えているとまだまだ楽しみがたくさんあるなあと思えます。夏が終わる心の傷をこうして癒すわけですね……(笑)。秋は気候もよいですからね。冬とは違ってそれほど着込まずに出歩くことができるので活動的になれますしね。楽しい秋を過ごそうと思っています。